ミリオンストック橋本明男に対する口コミが炎上するワケ

ミリオンストック橋本明男に対して怒っている男性

FXは投資の手段として人気!? 自動売買システム化による取引の効率化

アベノミクスが始まってから日本の株式市場は活況を見せています。
それを受けて、株式投資をアドバイスする投資顧問会社も増えてきました。
その中の一つ、ミリオンストックという会社の最高顧問である橋本明男氏に対する口コミが炎上しています。
この記事では、なぜ橋本明男氏に対する口コミが炎上しているのかを調べてみます。

ミリオンストック投資顧問「橋本明男」の口コミ評価

ミリオンストックは金融商品取引業者として金融庁から登録を受け、2017年1月11日より一般公開している、個人投資家に対するアドバイスを行う会社で、橋本明男氏は同社の最高顧問を勤めています。
ネット上で橋本明男氏に対する口コミ評価を集めてみると、かなり炎上しているものが見受けられました。
その口コミの多くが予想の的中率が良くないのでは?というものです。

  • 「投資実績を見ると5割を割っているのではないか」
  • 「ミリオンストック投資顧問を使い始めて半年、元本が半分に減ってしまった」
  • 「連敗して軍資金が半分になってしまった」

上記のように予想が外れて損失が出てしまったという会員の口コミが多いようです。
しかし、それほど悪くはないという口コミもあります。

  • 「執筆しているのがベテランだから、情報の質が高いと思う」
  • 「半年で6銘柄買って、五分五分といったところ。もう少し値幅をとってほしい」

予想にしたがって負けた人は腹いせにより悪い口コミを書き込み、それに便乗した煽りも出て炎上すると、実際にはミリオンストックの会員でない人間が悪い口コミを騙る場合もあります。
ネットの口コミは全てが正しい情報ではないので、詳しい銘柄も書かずに単に「予想が外れて○○万の損失」などというのは、あまり真に受けない方がよいでしょう。

橋本明男の経歴を振り返る!過去の行政処分とは

橋本明男の口コミを見て不安な女性

橋本明男氏の経歴を調べると、2018年時点で投資顧問歴38年という大ベテランで、独自のチャート分析により投資顧問として投資家の資産を4倍にしたという実績を持ちます。
ミリオンストックでは「わしの罫線」というコラムを連載しています。
口コミで橋本明男氏の悪口を言っていても、このコラム記事は一読の価値があるという人もおり、正しい相場観の持ち主であることは確かなようです。

ただ、口コミでも多く挙げられていますが、ミリオンストックは株式会社CELLという会社が運営していた日本証券投資顧問とジャパンストックトレード(JST)が統合されてできた会社といわれています。
この2社は過去、2016年11月に関東財務局から行政処分を受けています。
橋本明男氏はJSTの最高顧問でもあったので、この行政処分を受けた過去の事実が、その後を引き継いだミリオンストックに悪いイメージを持たせている可能性があります。

行政処分を受けた2社が処分に対して適切な処理を行ったことは、その後、関東財務局より追加の処分がなかったことからも明らかであり、ミリオンストックには全く関係のないことです。
また、関東財務局のホームページを見るとわかりますが、2018年だけでも他の投資顧問会社では10回の行政処分が行われています。
行政処分を受けること自体は、法に抵触したり悪質な行為が見受けられたということですから、決してよいことではありません。
しかし、かなりの会社が行政処分を受けているという事実も知っておくと、やや見方は変わるかもしれません。

橋本明男の予想は当たらない?コラム「わしの罫線」

ここまでで、橋本明男氏の株価予想が当たらないという口コミが多く見受けられるという話をしました。
しかし、橋本明男氏がメルマガやミリオンストックのサイトで連載している「わしの罫線」というコラムは投資家の間でも人気があり、参考にしているという口コミが多く寄せられています。
実際、2018年の4月に株式市場の底入れを明言し、その通りになったことからも、高い分析力を持っていることは本当かもしれません。
では、なぜ当たらないといわれるのでしょうか。

株価の予想

値動きが読みづらくなっている?

一つは2017年にトランプ政権が発足してから、市場動向が読みにくくなっていることが挙げられます。
こういう状況下ではリスクを避けてポジションを縮小した方がよいのですが、利益を出すことが投資顧問への顧客の要望です。
そのため、難しい相場でも推奨銘柄を挙げていかなければなりませんから、そうするとトータルの的中率はどうしても下がります。
実際に橋本明男氏の推奨銘柄が全て外れているわけではありません。

投資顧問が絶対だと考える投資家がいる

もう一つは、投資顧問の出してくる情報を「自分で活用する」という意識が薄い人がいることです。
投資顧問は神様ではありませんから、100%市場予想を的中させることは、どの投資顧問でも不可能と言えます。
いくつもの情報を元に推奨銘柄を出すわけですが、それをそのまま鵜呑みにせず、その分析が自分に納得できるかどうかを考えて投資しないと損をする可能性が高くなります。
こういった状況が「橋本明男の予想は当たらない」という口コミに繋がっているのではないでしょうか。

ミリオンストック橋本明男氏の口コミについて調べて見ましたが、2018年の成績としては、確かにあまり良くはなかったようです。
しかし、口コミで言われているほど予想を外しているという事実は見当たりませんでした。
悪質行為を行っている事実が無いまま、悪徳投資顧問などと言うのは過剰に批判しているというのが結論です。
ネット上では無責任な口コミも多く悪いイメージは覆すことが難しいので、先入観をあまり持たずに口コミを判断することをお勧めします。