橋本明男だけでなく投資顧問はネット上で叩かれやすい

ネットでの投資顧問への炎上

ミリオンストックの橋本明男に限らず、投資顧問はネットの攻撃対象になりやすいです。
特に口コミは匿名で書き込むことができますので、叩きやすいのです。

投資顧問は結果を保証するものではありませんので、損失を出す可能性も当然あります。
損失は自己責任ですが、損をしたら誰かのせいにしたくなるものです。
投資顧問はその対象として攻撃されやすい位置にいます。
反撃の可能性はほぼ無いですし、実際に損をしているために叩く人は攻撃を受けて当然と考えるからです。

また、色々な人が叩くために安心しているという側面もあります。
他の人が叩いているので、自分が叩いても問題ないと考えてしまうのです。
ネットの口コミという匿名性が高いツールは使い勝手がいいのでしょう。

ライバル社を蹴落とすために悪評の書き込み?

ライバル社の社員が蹴落とすために悪評を書き込んでいる様子

ネットというのは誰が書き込んでいるか分かりません。
そのような環境を利用して、ライバル社が執拗に悪評を書き込むことも可能なわけです。

また、様々なサイトに書き込むことも忘れないでしょう。
悪評は何度も書いているうちに内容が似通ってしまう為、同じような内容であれば主要な口コミサイトで見つけることができます。

よっぽど悪質な業者であればライバル社に対する悪評をネット上に散りばめている可能性もあるといえます。
そう考えると、悪評の数は投資顧問会社の評価とは必ずしも一致しません。
ただし、ライバル社の口コミだと断定することもまた難しいものです。

短期で利益を出せなかった投資家が過剰批判?

投資家は自己責任で投資をすると分かっていても、資産を減らしたときには投資顧問のせいにする可能性は高いでしょう。
そのような批判を繰り返すうちに歯止めが効かなくなり、どんどん批判を強めてしまうのです。
長期で利用すれば損失を取り戻せるかもしれませんが、批判をする人は短期で利用しているケースが多いです。
投資顧問の良い部分を知らないために、際限なく批判してしまいます。

また、批判をする人は反省をしないことが多いですので、別の投資顧問を利用しても良い結果は得られない確率が高いです。
そうしてまた批判を繰り返すわけです。
このような投資家は損をして、批判を繰り返す悪循環に陥っているのです。

そのストレスの向かう方向がネットの口コミです。
匿名で書き込めるのをいいことに、ストレス解消に何度も批判をしている可能性が高いです。
ネットの批判を確認するときには、匿名で無ければユーザー名をチェックしてみるのもいいでしょう。

投資顧問の口コミを確認する女性